SDGsへの取り組み

私たちサンポウホールディングスは、不動産を通じて
「持続可能な社会の実現」に向けた事業展開を行っています。

SDGs(エス・ディー・ジーズ)とは?

持続可能な開発目標(SDGs)は、国連サミットで採択された 2030 年までの国際目標です。17 のゴールから構成されており、
すべての国や企業が目指すべき「世界的な指針」です。

住宅産業は、その中でも重要な役割を担います。本当の意味で持続可能な世界を実現するために、
知識と技術を確立した地域工務店として、以下のことを重視しています。

外務省 SDGsとは? のページへ

SDGs 達成に向けたサンポウホールディングスの取り組み

【経済的困窮からの脱却を支援】

住宅ローン返済困難者を任意売却により救済します。
住宅ローン返済困難者の原因は人それぞれ。不慮の病気や事故、不安定な雇用、離婚も理由として、住宅ローンの返済が困難となる方がいらっしゃいます。
そして、無理な返済を続けたり、返済できず競売へと至って多額の債務を抱えたりで、さらなる経済的困窮、貧困へと至る方が多いのが現実です。
当社では、「任意売却」を通じて困難となった住宅ローンの返済を停止、市場価格に近い価格での売却を実現することで、さらなる経済的困窮や貧困の撲滅、また、それらを未然に防いでいます。

【その地域に暮らす向上心の高い企業】

地域に寄り添い、親から子へ、人から人へ住み継がれる家づくりを。
日本の四季は地域によって気候風土が異なります。地域密着で実績のある当社は、地域の気候風土に応じた木造住宅を建築することが可能です。
家づくりに関していえば、高断熱・高気密・高耐久を実現し、部屋間の温度差を無くし、温度のバリアフリーを実現することで、平常時の快適性だけでなく、ヒートショックや熱中症のリスクを抑え、安心の住まいをご提供します。

【全ての人の嬉しさを喜びに変えます】

日々の努力でお客様、協力業者、社員の夢の実現を叶えることが私たちの経営目的です。
外壁工事業からスタートし、35年以上建築事業に携わっています。「100 人企業」という目標も達成し、今では社員は100人以上。
地域 No.1だけでなく多店舗展開を通じて、住まいに関わるあらゆる事業のリーディングカンパニーを目指します。

【環境 × 人で住みやすいまちづくりを】

地域のイベントへの協賛や、教育施設へエアコンを寄付するなど、さまざまな活動に取り組んでいます。地域の皆様の支えがあってこそ、会社として成長し続けられているからです。
土地探しから、建築・リフォームまでワンストップサービスを提供し、長く住まえる暮らしを提案します。